暖かい詩を君に-アタタカイウタヲキミニ-3

気が付くと、森にたっていた。

つんと鼻を突く雨のニオイ。

かさかさとゆれる植物。

紛れもない「森」だった。

「-!!!!!!!!!」

声が聞こえた。叫び声。

つまり・・・これは・・・

「ぅうわああああああああああああああ」

「いっ!?」

 

女の子が・・・

      落ちてきた。 

 

「や・・・やほー・・・いきてる・・・?」

「・・・。何が嬉しくてラ●ュタみたいなこと思わなきゃなんないのよ・・・」

「???らぴゅ・・・?」

「なんでもないわ。」

それにしても派手な格好。

ギャルもびっくりよ。

トランプみたいな柄のフリフリドレス。

高いヒールのブーツ。

馬鹿でかいリボンで髪をツインテールにしている。

「コスプレ??」

・・・これは私が言った言葉じゃない。

「へんなかっこー!!!コスプレなの?」

「それは私のセリフよ。」

変なことを言い出す女の子。

この子が後に私にとって大切な人になるなんて・・・

このときは、

思いもよらなかった。

| | コメント (88)

暖かい詩を君に-アタタカイウタヲキミニ-

パラパラといつものように本をめくる。

いつもの物語を読む。

その物語は、小学生のころから好き。

でも、不思議なことに、本屋では見たことがない。

キーン コーン カーン コーン

お決まりの音。そろそろ帰ろうかな・・・。

カタン、と席を立つ。私以外、誰もいない図書室。

やっぱり、この空間は落ち着く。

 

「おいで・・・。」

 

「・・・?」

声が聞こえた・・・?

そんな気がして・・・

本棚の影。

「・・・・・・」

何もない・・・?

しょうがないので机にもどる。

・・・あれ?

「本・・・開いてる・・・?」

しかも中は真っ白。

「え・・・」

私の記憶はそこで途切れた。

あとには、ひっくり返された鞄と、倒れた椅子。

それと、本が一冊。静かにパラパラとめくれている。

それだけが、ひっそりと残っていた。

| | コメント (0)

お久しぶりです!

いやー。

うちのパソ子(パソコン)がこわれて・・・;;

新しく買いました・・・。大量出費・・・!!

次回から小説UPできるとおもいます;;

| | コメント (0)

雑談の極み ~ねみいぜ!~

タイトルどうりです。雑談です。あー今年初ですねvV

あけおめです。一月中旬だけど。

| | コメント (0)

やっと終わった・・・長かった・・・難しかった・・・書く気うs(強制終了)

一応ここで連載は終わりです。

好評だったら「白イ世界~」の続き書きますけど次の連載は一応ギャグもの予定です(^^)

出だしからシリアスすぎたんで。(- -;)

まあ、気まぐれで変わるかもですけど。(だめじゃん)

リクエストあったらそっこーで変えますw(予告意味ねぇ)

と、いうことでリク待ってますww

| | コメント (1)

白イ世界ニ黒イ闇 5

目をひらくと、両親の顔が在った。

怜は私をかばってしんだのだ。

車に轢かれそうになったとこに、飛び出してきてまで

怜は、

「歴史の芸術家と並ぶ逸材だ!」

そんなことを先生に言われてた。

「また、成績一位だったね!」

なんて、友達にもてはやされていた。

体育大会にでれば、怜のいたチームは必ず一位。

どのコンクールにでても、賞を取らないなんてありえなかった。

私はー・・・。最後に誉められたの、いつだっけ・・・。

「あんたがいなきゃー・・・怜は死ななかったのよ!」

私はさ、怜・・・いてもいなくてもよかったんだ。

「なぜ、怜がー・・・更紗と代わってほしい・・・。」

ほら、お父さんもお母さんも言ってるじゃん。

かばってくれたのはいつでも怜。

あんたが死ぬこと、無かったんだよ?

私がいなくなっても誰も悲しまない。

ソウデショウー・・・?

| | コメント (0)

雑談。

22日、運動会がありました☆

だるいです!!やりたくないです!!

ピラミッドまぢこえええええ!!!!

怖いです。ピラミッド。失敗したら死にます。(え)

まあ死んだところで気にする奴は明らかに少ないと思うのでまあいいです。

というかその前の徒競走の前に非常ベルを鳴らしやがったアホがいたようです。

うるさかったです。

てか止めようとしてた先生いつのまにか入場門の前にいました。

さっさと止めてきたらいいのに・・・

その後、走るときまでベルは鳴り響いていました。

うるさかったです。(2回目)

中学校では無くなってたらいいのにな★と思いましたとさ♪

| | コメント (0)

白イ世界ニ黒イ闇 2

「分かったならついて来て?」

知らない子についていくのもどうかと思うが、

よく考えると自分の家も親もわからない。

少し迷ったが私はついていくことにした。

しばらく歩くと景色ががらっとかわり、真っ白な世界になった。

それに、何人もの人がいる。

知っているような顔の人もいたが、思い出せない。

あれ・・・?みんな・・・すけている。

「では    さん。来て下さい。」

真っ白な服を着た人が言う。

まるで、羽の無い天使だ。

前にいた人がその人のところへ歩いていく。

その人は、さっきまで無かった扉の中へ入れられた。

「次、    さん。」

聴き取れないのに誰のことか分かる・・・

この少年のことだー・・・・・・

| | コメント (0)

白イ世界ニ黒イ闇

学校から帰っていると、透けている少年に出会った。

少年は、自分のことを「幽霊」だと名乗った。

名前を聞くと、

「わからない・・・というより、わすれたんだ。」

そう言った。「わからない?」なんて変なことを言うんだろう。この子は。

黙っていると、少年は

「君は?」

そういった。

私の名前はー・・・・・・。

・・・・・・・・?

「わからないよね?ほら。だって君も幽霊じゃないか。」

こんなことを言っているのに、つい納得してしまう。

しかし「幽霊」ということは、私は死んでしまったのか・・・?

(つづく)                              

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

日記・コラム・つぶやき