« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »

暖かい詩を君に-アタタカイウタヲキミニ- プロローグ

友達なんて要らない。本だけが友達。

だって、本は裏切らない。

バッシャーン!!!

水のはねる音が響く。

私の髪の毛からは、ぽたぽたとしずくが落ちていた。

「きゃははははは!!!

ごめんねえ~??ミナミデサン!!」

スカートが無駄に短くて、校則なんてまるでムシの髪型。

ボタンなんて、第2まで外れてる。

そんなけっばい集団が、あたしの前に立ってた。

「うん。いいけどさ、よくそう何度も『間違って』水、かけれるね。

ああー。知能、猿並??あとメイク濃すぎ。怖いよ。

いっつも群れてて楽しいの??」

ガタン!!

椅子がひっくり返る。あーあ。

よい子は学校のものを壊してはいけません。

「んだとぉ??しょーせつおたく!

てめーこそ本ばっか読んでてたのしーのかよ!」

「楽しいよ。それが何??」

大声できっぱり、言ってやった。

でも、しーん・・・って、教室、静まり変えちゃった。

私の母は、小説家で、私は本ばっか読んでた。

そしたらさ、クラスメイトとか、あたしに話し掛けてこなくなった。

別にいいか、とか思ってたら、今度はかげでひそひそ、くすくす。

うっとおしいよ。

んなやつだいっ嫌い。

だから無視してやったら、こんどはあらかさまにいじめ。

「あのこ、幼稚園ときからくらかったんだー親が仲良く城って言うから、してやってたけど。」

今のは多分、ミカ。あたしのー・・・

小学校まで親友だった子。

へえ。聞こえてるよ??

別に、いいけどね。

小説家のお母さんは死んじゃった。

ろくに遊んでくれなかったけど、

あたしはお母さんが大好きだった。

だから、お母さんに誉めてもらった、この髪。

これと本が、あたしの宝物。

整えることはしても、絶対短くしたりしない。

・・・あー・・・居心地悪い。

あたしは、唯一のオアシス、図書室へ足を運ぶことにした。

-----------------------♪-----------------------

ふー。やっとできた。新作です。。。

出だしは・・・しりあすじゃねえかああああああああああ!

こんなんでも好きと言って、くれる方~

プロフにあるランキングのリンクにクリックお願いしまーす!

m(--)m

| | コメント (27)

やっと終わった・・・長かった・・・難しかった・・・書く気うs(強制終了)

一応ここで連載は終わりです。

好評だったら「白イ世界~」の続き書きますけど次の連載は一応ギャグもの予定です(^^)

出だしからシリアスすぎたんで。(- -;)

まあ、気まぐれで変わるかもですけど。(だめじゃん)

リクエストあったらそっこーで変えますw(予告意味ねぇ)

と、いうことでリク待ってますww

| | コメント (1)

白イ世界ニ黒イ闇 5

目をひらくと、両親の顔が在った。

怜は私をかばってしんだのだ。

車に轢かれそうになったとこに、飛び出してきてまで

怜は、

「歴史の芸術家と並ぶ逸材だ!」

そんなことを先生に言われてた。

「また、成績一位だったね!」

なんて、友達にもてはやされていた。

体育大会にでれば、怜のいたチームは必ず一位。

どのコンクールにでても、賞を取らないなんてありえなかった。

私はー・・・。最後に誉められたの、いつだっけ・・・。

「あんたがいなきゃー・・・怜は死ななかったのよ!」

私はさ、怜・・・いてもいなくてもよかったんだ。

「なぜ、怜がー・・・更紗と代わってほしい・・・。」

ほら、お父さんもお母さんも言ってるじゃん。

かばってくれたのはいつでも怜。

あんたが死ぬこと、無かったんだよ?

私がいなくなっても誰も悲しまない。

ソウデショウー・・・?

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2008年1月 »